最低限やるべきこと

ともかく、収納するべきものに対して必要な収納スペースを最低限度でもよいから常に確保しておくことが、快適な収納と快適な生活を送ることに繋がると言えるようです。

目標を立てて分類して、収納を行うということは、キレイな部屋への第1歩です。
ですが実際に相当に物が散らかった現場を見ると、いわゆるプロのような人でも、「どのような場所から手をつけて良いのかがわからない」などと本音を漏らす方もいるようですね。
確かに、そのような場合ですと、素人の人であればなおさら、どうしていいかわからず思考が止まってしまうというのはなおさら分かる部分ではあります。

散らかってしまう多くの原因は、心理的な部分にあり、あまりにも物が散らかっているために、思考が止まってしまっているのです。
まずは、ひとつづつひとつずつ分類をしていこうというふうに考えて、コツコツコツコツとやっていくことが求められていると言えますね。

 

このサイトでは、このような「物が溢れかえっている人」や「今は整理整頓がなされ適切な収納はなされている人」であっても今後収納を上手に行う、または、それを継続するために必要な基準をいくつか紹介していきたいと思っています。
一度は収納をしたけれども結局もとに戻ってしまったなどということにならないように、気を付けましょう!

 

まず、そもそもの問題として、散らかっている状態であれば、なおさら取り組めることですが、散らかった状態から、いらないものをピンポイントに見つけ出して、どんどん捨てていくということです。
これは、基準は単純で、床に散らかっている中では、全く使ってないなというものが見受けられることもあり、このようなものをどんどん捨てていくということが実質的な部屋の掃除につながっているのです。