少しずつが継続のポイント

心理的な面で言えば、「どのような物が必要か?」「どのような棚を買うべきか?」を考えるという作業は、じつはかなり頭を使います。
そのため、人によっては、この作業を繰り返すことで相当の疲労が蓄積してしまう可能性もあるのです。

この事態を避けるためにポイントとなるのが、「今日は片づけをするのは30分だけ」というようないわば気軽な心がけです。
もし「今日1日で一気に終わらせてしまおう」などと目標を高く持って考えてしまうと、心が折れてしまいやすくなるそうです。

少しだけ、少しだけ、というように、地道にコツコツと続けていくことが、適切な判断基準で掃除をしていく収納をしていくことにつながるのです。

 

一方で、あまり掃除をしたことがなく、収納をあまり得意としていない人に特徴的な共通点として言えるのは、「棚の中のものを一旦床などに全て出してから清掃を行おうとする」ということのようですが、このような清掃方法はあまり好ましくはありませんし、むしろ最悪とまで言えそうです。

なぜなら、そのようにしてしまうと、もしも途中で清掃を止めることができず、万が一にも、途中で疲れてしまった場合に、非常に面倒なことになるからです。
なるべく収納までの過程を小分け小分けにして整理を行っていくことが重要だと言えます。

棚の中でも、「今日はこの部分だけをやろう」という風に、範囲を限定したり、時間を限定したりして、心理的な負担をなるべく減らした上で行っていくことが、とくに必要だと言えそうです。

 

このようにして、作業をコツコツと繰り返していけば、いつかは綺麗な部屋を作ることができるでしょう。

そして、なんといっても忘れてはいけないのが、全ての収納が終わったとしても、けして収納は終わりではないということです。
適切な収納というものは、それを維持してこそ、その価値があると言えるのではないでしょうか。
捨てたり売ったりした先にも様々な悩みがあることを挙げてきましたが、思い切りよく決断することが突破口となる場合も多いですから、大いに参考にしてみてください。