捨てられない?

テレビで紹介されていた新商品・通販で買ったほとんどつかっていない食器・お皿などが棚などから溢れてしまっている家庭などをテレビやインターネットなどで目にしますが、このような全く使っていないお皿などは、残しておいてもあまり意味はありませんし、収納においては不良債権となってしまい、持っているだけで場所をとるなどデメリットが多いです。

収納していくにあたっては、細かく分類して、必要と不必要をしっかりと探っていくということがとにかく重要だと言えます。

 

ですがまだ使えるものを捨てることに抵抗がある方もいらっしゃるかもしれません。

そのようなものは、リサイクルショップなどに売ったり、フリーマーケットやオークションサイトなどで売ったりしてはいかがでしょうか?
たとえ売値が安くとも、少しでもお金になるのであれば、また次の使い手が見つかるのであれば、物を捨てるのに比べて罪悪感はないはずです。
 

もし買い手が現れないのであれば、思い切って捨ててしまえばいいのです。
なぜなら「誰もいらない物=ゴミ」という考え方もできるからです。
そう思えば、捨ててしまっても罪悪感はありませんよね?