断捨離と収納

思い切ってものを捨てて、ハード面での負担をへらしていくということは非常に重要な作業の一つですが、この段階では、まだ「収納」の具体的な段階に入っているとは決して言えません。断捨離をしている段階で、もう一つ考えなくてはならないのは、「そもそも自分自身はどのような基準でものを買い、ものを持っているのか」という点です。

 

例えば、散らかりがちな文具などであれば、「赤ペンが何種類も置いてあるが、本当にこの赤ペンは使っているのだろうか? 使い切るのだろうか?」というふうに、一つ一つのものに対して、自分自身はこれから使う可能性があるか、又は使い切る可能性があるのかということを問いかけて、つねに考えておく必要があるでしょうね。

結果「ほとんど使わないし、なくなったとしても代替品がある」などとわかった場合には、思い切って捨ててしまうことも手段のひとつなのです。
そういう意味で言ってしまえば、そもそも不必要なものを買わない、ということも有効な選択肢の重要なひとつであると言えます。

未来の収納にとって有効な方法なのです。
もしも買う段階でストップがかかれば、なんといってもお金の節約にもなりますし、将来の収納にとってもプラスしかありません。

ちなみに、収納がきちんとできるようになると、自然と無駄遣いはしなくなる傾向があるようです。
物を買う時に、これは買ったらどこに収納しようか、ということまで考えられるようになってしまえば、収納のプロになったといってもいいのではないでしょうか?
他にも、特に、あまりがちなものとしては、調理器具などが挙げられるのではないでしょうか?
このようなものこそ、「いつか役に立つから」などとおもって多く買ってしまいがちではないでしょうか?