Uncategorized

断捨離の重要性

結局のところ、収納もそうですが、小分けにする、分類する、小分けにする、というサイクルを繰り返していくことで、物へのアクセスのしやすさを生み出していくわけで、このような状態を維持することが、部屋をきれいにたもつためにはとても重要なのです。
例えば、「化粧品はこの店にこのように分けて入れる」とか「文具はこの棚とこの棚を使う」という風に計画をたてて、立て終えたら計画にしたがって小分けにして入れていくことがとても重要なのです。

この段階で、そういえばあまり使っていないかも、というものが出てくるかもしれません。
こういうような場合には、思い切って「断捨離」をしてしまう可能性も考える必要があるでしょう。

当然のことですが、部屋を使う際には、普通は天井までしか収納を行うことはできませんし、重力に従って全て溢れたものは床に置かれていくわけですから、収納が限界を迎えてしまえば空いている床もどんどんと埋まっていくことになります。
そのような事態をなんとしても未然に防ぐためには、まず、分類されたダンボールに入れる前に、いらないものは、どんどん捨てて行ったり売ったりすることが必要だと言えます。
特に、部屋が散らかっている状況では何が必要で何が不要なのかを判断することは非常に難しいでしょうから、まずは箱などに小分けにすることで整理をしながら気持ちにも整理をつけて、中に入っているもののうちどれが不要なのか、どれが今後必要になってくるのかをよく考えましょう。

現代は「物を使い捨てする社会」であるなどと言う風にも言われる通り、無くしてしまったり、捨ててしまったものはまたすぐに安く買いなおせるという時代になってきた感がありますし、それを感じている人も多いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です