ゴミ収集車の種類と仕組み

廃品を回収してくれるのは人でもあり、また車でもあります。この車は一般的にゴミ収集車と呼ばれ、特に早朝に見かける人も多いことでしょう。外観に関しては皆さんもイメージできるはずです。しかしゴミ収集車の中がどのようになっているのかをご存知の方はあまりいらっしゃらないと思われます。ここではゴミ収集車の仕組みや構造、種類についてご紹介します。

ゴミ収集車は、担当する区域のゴミを大量に輸送します。集積所と各家庭とを何度も往復するわけにはいかず、一度になるべく多くのゴミを運ぶ必要があります。そのためにはゴミを圧縮し、荷箱に収納する作業が求められます。圧縮の形式としては、プレス式、回転板式、ロータリー式の3種がよく知られています。プレス式は投入口と奥のボードで、強力にプレスすることができます。投入口でゴミを粉砕し、押し込み版で荷箱へ詰める仕組みです。最も圧縮効果の高い、万能タイプと言えます。回転板式は巻き込み式とも言われ、プレス式ほどは圧縮できません。車内でゴミをまとめ上げることに徹した機構です。プレス式のように粉砕するわけでもありませんから、粗大ゴミ等を収集することはできません。一方小枝等の収集には適しており、造園業を営む企業から好まれるタイプです。ロータリー式は今あまり見かけないタイプで、ミキサー車のように円柱ドラムが回転し続けます。ゴミの汚水が飛び散らず、掃除もし易い構造になっており、以前は作業員の支持も高かった車です。圧縮力はほとんど期待できず、効率が悪いのが難点です。

ゴミ収集車は集めるだけでなく、ゴミを清掃工場へ運び入れます。その際の排出の仕方にも種類があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です