虚偽の廃品回収

その例として、よく挙げられるのか、無料で不用品を回収しますなどと歌っておきながら、回収してトラックに乗せた後に、法外な値段を請求して、トラブルになる、というケースなどが一般的のようです。このような場合、実際に契約書を書いた後に、値段を変更しているので、落ち度は向こうにあるわけですから、とにかく強気に出ていくことが必要でしょう。特に、廃品回収においては、後から値段を釣り上げられることがないように、あらかじめ見積もりを出した段階で、確定したかどうかを、よく確認しておくことが、必要だと言えるでしょう。このようなトラブルは、最近、全国各地で起きており、日用品回収業者の質が問われるような事態になっています。実際のところ、日用品の回収業者というのは、ほとんどが、地方自治体や行政の許可を得て、回収に向かうということになっており、そのような形をとっていない、回収業者というのは、ひとつ、疑ってみることが重要かもしれません。なぜなら、質が悪い悪徳の回収業者の場合、回収したものを、山の奥に放棄する、不法投棄を行っていたりとか、きちんとした手順を踏まずに、回収をしたりとか、回収を頼んでいないものまで、回収してしまったり、という風に、犯罪をやりたい放題というところもあるようですから、注意することが必要です。このような回収業者に、引っかからないためには、自分が、回収してもらいたいものが見つかった際には、地方自治体や、行政・省庁を通して、日用品回収業者を探してみるということが、ベストの選択肢だと、言えるのではないでしょうか?このような選択はそもそも行政がおすすめしているもので、どの自治体のホームページをみても掲載されていることがおおいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です