荷物の固定方法

廃品を運び出すだけなら何とかできる人も多いでしょう。しかしトラックの荷台に積んで運ぶとなると、様々な知識と技術が要求されます。業者に全て任せることができれば問題ないのですが、場合によっては指定場所まで自ら軽トラ等に載せて運ばなければなりません。素人にとって特に難しいのが廃品の固定方法です。トラックから崩れ落ちてしまわないように、ロープで固定する必要があるのですが、慣れていないと短時間で縛りつけることなどできません。

荷物を短時間で固定するためには、ロープの決まった結び方を覚えることが大切です。たくさんある結び方の中で、覚えるべき優先順位があります。やはり利用頻度の高い結び方は優先して覚えるようにしましょう。ロープの結び方はロープワークと呼ばれるもので、緩ませないことが眼目です。とはいえ一度覚えてしまえばそれほど難しい結び方ではありません。また様々な場面で応用できるスキルでもあります。例えば登山やキャンプで使えば、仲間に見直されることは間違いありません。ロープを結ぶ上で特に大事なことは、用途に合った結び方を選ぶということ、また正確な手順から逸脱しないことです。どちらか一方が欠けても、結びの強度は不足してしまいます。ロープの素材にも条件があり、強度を保持しながらも荷下ろしの際にすぐ解くことができる素材が理想です。そのためにも結び方と同様、用途に合った素材を選ぶ必要があります。

トラックで用いるロープの種類として代表的なものを挙げて解説することにしましょう。先ずはビニロンロープを覚えて下さい。ビニロンロープは使用頻度の高い素材で、強いばかりでなく、滑りにくいとされています。ですから大きな家具等を固定するのに最適です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です